モビットなどのキャッシングを申し込む時に注意するポイントは

キャッシング申し込みの際の注意-モビットの評判と審査徹底解析

キャッシング申し込みの注意

何かを購入する際に複数の会社から資料を取り寄せて、比較検討するという人は多いと思います。しかし、キャッシングの場合は要注意です。複数の業者に申し込みをすることが、自分にとって不利な状況をつくることにつながるかもしれません。
例えばキャッシングを希望してある業者に申し込みをしたけれど、審査に通らなかったというような場合、多くの人はすぐに別の業者にキャッシングの申し込みをするのではないでしょうか?
しかしそのような状況では、他の業者で審査に通らなかったというレッテルが貼られていることをご存知でしょうか?
申込者の情報は“個人信用情報登録機関”に登録されており、各業者が閲覧することが可能です。多くの業者が個人情報を共有しており、その個人情報には、キャッシング申し込みの事実が残されています。
(個人信用情報については「キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく!?」でも解説していますので、ぜひご覧ください。)

 

連続申し込みはNG、焦りは禁物

例え、本人の都合で融資を受けなかったとしても、複数の申し込み履歴が連続して残っていれば、それを見た業者は「○○社も連続して審査に通らなかった」と判断するかもしれません。そしてまた、申し込みの事実だけが書き加えられるという「負のスパイラル」に陥ってしまいがちです。
もしも「負のスパイラル」に陥ってしまった場合は「次の審査こそは……」と期待をかけて申し込みを続けることは止めたほうが賢明です。
連続して何社も申し込みだけで融資の記録がなければ、その後新たに申し込みを受けた業者は「申込者に何か問題があって審査に通らないのでは?」と疑うことでしょう。

 

申し込みが重なればかさなるほど審査が通りにくくなる

その結果、次もキャッシングを断られる可能性が高くなるようです。このように申し込みの段階であっさり断られてしまう状態を「申し込みブラック」と呼ぶことがあります。個人信用情報に「申し込み→否決」の事実が記載されると、さらに審査に通りにくくなってしまうようです。

 

以前は2社程度なら連続して申し込んでも大丈夫だと言われていましたが、貸金業法改正後、業者は以前にも増して審査に慎重になっているようです。1社目で断られた場合、2社目の審査に通ることは難しいと考えていたほうがよさそうです。

 

キャッシング初心者は、申し込みを資料請求のような感覚で捉えていることが多く、「融資を受けていなければ大丈夫」と考えている人が多いようです。しかし、実際は申し込むだけでも履歴が登録され、印象を悪くしているのです。

個人信用情報について

ところで、個人信用情報にキャッシング申し込みの履歴が数多く残ってしまったら、2度と審査に通ることはできないのかと考える人もいるかもしれません。

 

しかしキャッシング申し込みの事実は生涯、残るものではありません。もし「負のスパイラル」に陥ってしまった場合でも、申し込みを一時休止する期間を設ければよいのです。

 

では、どのくらいの期間申し込みを控えればよいのでしょうか?

 

個人信用情報へキャッシング申し込みの事実が掲載される期間は

 

消費者金融の場合はおよそ1ヶ月

 

クレジットカード会社の場合は最長3ヶ月

 

だとされています。

 

審査に慎重になるのなら、融資を断られた場合、次の申し込みをするまでに消費者金融では1ヶ月、クレジットカード会社の場合は3ヶ月の期間を空けてから申し込みするとよいかもしれません。早く融資を受けたいからといって、次々と申し込みをしないように注意しましょう。

 

キャッシングするならモビットがおすすめ!

モビット人気の理由


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 フリーター レディース 即日振り込み
最短30分 ○※ なし ○※

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット公式サイトへ

10秒結果表示


ホーム RSS購読 サイトマップ