限度額は増額できます!ただし、条件があるんです

キャッシングの限度額は何を基準に決められるの?

キャッシングの限度額は何を基準に決められるの?

キャッシングには限度額というものが存在します。借入できる限度の金額のことです。利用者はその金額内での借入に限れ、当然それ以上の借入をすることはできません。限度額は利用者1人1人によって異なった金額が設定されます。では、どのようにして決められるのでしょうか?今回はそのことについて見ていきたいと思います。

 

限度額の決まり方

 

限度額は主に利用者の「年収」「信用情報」によって決められます。詳しく見ていきましょう。

 

年収

 

キャッシングの審査では年収の金額はあまり重要ではありません。年収の多さよりも収入が安定しているのかが重要になってくるんです。しかし年収の金額がキャッシングに全く関わりを持たないのかというとそうではありません。年収の金額は限度額を決めることになります。当然ですが、多ければ多いほど高額な限度額になる確率は高くなります。

 

信用情報

 

信用情報も限度額を決めるのに大きく関係しています。なぜなら限度額とは金融機関からの信用の度合いだからです。より高額の借入を認めているということは、それだけの信用があるということです。高額な限度額を認められるにはまずそれだけの信用を得ないといけません。そのため信用情報というのが限度額を決めるのに大きく関わってくるんです。例えば、遅延や債務整理の記録があると高額な限度額が認められることはありません。そもそも債務整理の記録がある限りは審査通過も危ういところですが、認められる範囲の中でも最も低い限度額となるでしょう。また、他社からの借入がある人も高額な限度額が認められることはありません。既に借入があるという時点で高い信用は得られないのですが、消費者金融で借り入れる場合には総量規制(年収1/3以上の借入を規制する法律)がかかってくるということもあり、それを考慮して低い限度額になることが多いです。いくら年収が多くても信用情報に問題が見られれば限度額は低くなるものと思ってください。

 

限度額増額

 

限度額は初回の借入から決められます。初回の限度額はほとんどの場合10万?50万円の範囲に限られます。しかしここで決められた限度額が全てではありません。実は限度額は増額することができます。初回の限度額が10万円だった人が50万円になることもありますし、50万円だった人が100万円になることも十分にありえます。もちろんその限度額にも金融機関が定めた限度がある訳ですが、低いところでも300万円の限度額までの増額は実質可能となっています。では、増額するにはどうすれば良いのか?まず知っておきたいのが、増額を要請すれば必ず増額できる訳ではないということです。増額が認められるには優良顧客と判断されなければなりません。優良顧客とは、信用情報にトラブル記録がなく、つまりは1度も遅延をせず、尚且つ定期的に借入を行う利用者のことです。トラブル記録がないのはもちろんなのですが、契約後1度も借入を行わない人も信用は得られないため定期的に借入を行うことが大切なんです。優良顧客と判断された人は増額を認められる可能性が高いですし、反対に金融機関側から「増額しませんか?」といった要請がくることもあります。ただし、増額が認められるのは年収に相応した金額までです。それ以上の増額はいくら優良顧客といえ認められることはないでしょう。

 

高額な借入は銀行がおすすめ・まとめ

今回は限度額について見てきました。限度額の決まり方、また増額するための条件などについては理解していただけましたか?高額な限度額を認められるのには何よりも優良顧客であることが大切です。日頃から遅延などに気をつけ、定期的の借入を心がけましょう。ただし、より高額の借入を希望するのであれば消費者金融ではなく銀行でのキャッシングをおすすめします。消費者金融より貸出限度額は高額ですし、何より総量規制がかからないため、年収1/3以上の借入も可能です。是非1度検討してみてください。

キャッシングするならモビットがおすすめ!

モビット人気の理由


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 フリーター レディース 即日振り込み
最短30分 ○※ なし ○※

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット公式サイトへ

10秒結果表示


ホーム RSS購読 サイトマップ