それぞれのメリット・デメリットも大きく異なります!

銀行カードローンと銀行系カードローン?似ているけど同じじゃない!2つの違いとは?

銀行カードローンと銀行系カードローン?似ているけど同じじゃない!2つの違いとは?

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行といった大手銀行のCMを見ていて「銀行カードローン」という言葉を耳にしたことはありませんか?銀行カードローンとは銀行が提供している個人向けの融資で、キャッシングという名称でも知られていますよね?担保や保証人も必要としないことなどその利便性の高さから多くの支持を集めています。利用したことのある人も少なくないとは思いますが、ではその一方で「銀行系カードローン」という言葉も耳にしたことはないでしょうか?銀行と銀行系。似たような名前ですが、2つの違いをご存知ですか?そもそも2つは別物なのでしょうか?そこで今回はこの2つのカードローンについて詳しく見ていきたいと思います。

 

銀行・銀行系の違い

 

銀行カードローンと銀行系カードローン。似たような名前から全く同じものと考える人が多いようですが、結論から言ってしまうと、そうではありません。では、何が違うのか?それは提供している金融機関です。銀行カードローンを提供しているのはその名の通り銀行です。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など、皆さんも1度は耳にしたことのある大手銀行が挙げられます。しかし銀行系カードローンを提供しているのは銀行ではありません。実は消費者金融なんです。では、なぜ銀行系カードローンと言うのか?それは銀行系カードローンを提供している消費者金融の多くは上記した銀行をはじめとした大手銀行グループの傘下にあるからなんです。少しややこしくなってしまいましたが、要は銀行カードローンとは銀行が提供するカードローンのことで、銀行系カードローンとは消費者金融が提供するカードローンのことと覚えてもらって構いません。では、そのことを踏まえた上でこの2つのカードローンの違いについて詳しく見ていきましょう。

 

銀行カードローンのメリット・デメリット

 

まずは銀行カードローンのメリットから見ていきたいと思います。銀行カードローン1つ目のメリットは、金利の低さです。カードローンを利用すると必ずかかることになる金利は利用するカードローンによって大きく異なります。金利が違えば1度に発生する利息の量も大きく変わってくるため、たとえ同じ金額の借入でも結果的に支払うことになる総額にも大きな違いがでることになるんです。できるだけ利息を抑えるには金利の低いカードローンを利用する必要がありますが、業界で最も金利の低いのが銀行カードローンなんです。これは銀行系カードローンと比べても圧倒的と言っても良いほどで、銀行系カードローン最大の特徴とも言えます。2つ目のメリットは、高額な借入ができることです。実は銀行系カードローンは年収1/3以上の借入を規制しています。その理由は、銀行系カードローンを提供する消費者金融には貸金業法に則って運営を行っていることから必ず総量規制というものがかかってしまうんです。そのためどんなに収入がある人でも年収1/3以上の借入はすることができないんです。しかし銀行カードローンにはこの総量規制がかからないのと、最大貸出限度額も高額に設定されているため、銀行カードローンの方がより高額な借入ができるようになっているんです。次にデメリットを見ていきましょう。銀行カードローンのデメリットは、審査が厳しいと言われていることです。メリットを見ても分かる通り銀行カードローンは非常に優れたカードローンです。利用者が求めるものが全て詰まっていると言っても良いでしょう。しかしその分銀行系カードローンと比べると審査通過は難しいという声がよく聞かれるんです。これが銀行カードローンのメリット・デメリットです。

 

銀行系カードローンのメリット・デメリット

 

次は銀行系カードローンのメリットを見ていきましょう。1つ目のメリットは、借入までの早さです。銀行系カードローンは審査時間の早さが特徴で、最短30分審査を売りにしています。そのため申し込んだその日に借り入れる即日融資にも対応しているんです。一方の銀行カードローンでは審査に1週間?2週間の時間がかかると言われており、中には即日融資に対応しているところもあるのですが、銀行系カードローンのようには浸透していません。借入までの早さで言えば銀行系カードローンが1番でしょう。2つ目のメリットは、使い勝手の良さです。例えば銀行系カードローンではATMでの借入が浸透しているのですが、自社のものはもちろんのこと、コンビニや提携する銀行のATMまでも使うことができ、実質ローンカードの発行後は24時間借入・返済を行えるんです。また、自動契約機も全国各地に設置されており、営業時間も22時までと夜遅くの利用も可能なんです。さらには、豊富なサービス性も特徴で、ほとんどの消費者金融では初回の借入に限り無利息サービスという一定期間無利息で借り入れられるサービスを提供しています。では、デメリットはなんでしょうか?挙げられるのはその金利です。銀行カードローンの金利が特質して低いというのもあるのですが、やはり比べてしまうとその金利の高さは否めません。銀行系カードローンに低金利を求めるのは不可能でしょう。これが銀行系カードローンのメリット・デメリットです。

 

自分に合ったカードローンを・まとめ

ここまで見てきて銀行カードローンと銀行系カードローンの2つが全くの別物であることは分かっていただけましたか?どちらにもメリット・デメリットは存在するため、一概にどちらの方が良いなどと言うことはできません。どちらを利用するかは皆さん自身が決めなくてはいけません。自分がそのカードローンに何を求めるのか?例えば、何よりも低金利を求めるのであれば銀行を、今すぐにでも借り入れたいというのであれば銀行系を、つまり自分のニーズに合ったところを選ぶということが大切なんです。まずは数あるカードローンの中からより自分のニーズに合ったところを探すことから始めてみましょう。

キャッシングするならモビットがおすすめ!

モビット人気の理由


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 フリーター レディース 即日振り込み
最短30分 ○※ なし ○※

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット公式サイトへ

10秒結果表示


銀行カードローンと銀行系カードローン?似ているけど同じじゃない!2つの違いとは?関連ページ

キャッシング会社の選び方
キャッシング申し込みの際の注意
利用限度額の増額
ネット申込
キャッシングの限度額
年収とキャッシング審査
ホーム RSS購読 サイトマップ